★ついに日本医科が動いた学費大幅値下げでランキング上位復権が予想!★

私立大学医学部御三家として慶應や慈恵と並び伝統と歴史を誇る日本医科大学医学部医学科が2018年より学費を大幅に値下げします。近年は私立大学医学部の値下げラッシュが続いており、2500万円台の学費を実現した医学部に優秀な受験生が集まって偏差値を押し上げています。そのため、御三家の1つである日本医科大学でも偏差値ランキングでは、6位に甘んじる状態となっています。ちなみに1位は慶応大学で、2位は東京慈恵会医科大学なので、本来であれば3位くらいにランクインしてもおかしくない実績と歴史があります。学費を下げたからと言って優秀な受験生が集まるのかという意見もあると思いますが、それは順天堂大学で証明されています。順天堂大学医学部は学費総額2080万円まで大幅な値下げを行い国際医療福祉大学医学部が開学するまでは最も学費の安い医学部でした。このため、サラリーマン家庭でも順天堂大学医学部を選択肢に入れることが可能となり、優秀な受験生の確保に成功し、今では偏差値ランキング第3位に君臨しています。したがって、日本医科大学は今回の値下げにより6年間の総額が2770万円から2200万円と500万円を超える下げ幅となるため、優秀な受験生が流れ難易度上昇は確実になるでしょう。私立大学医学部はそれぐらい学費の高さがネックとなっており、難易度も大きく影響しています。もともと日本医科大学は実績豊富な医学部でありブランド力も高いので人気が高まる要素が沢山あります。日本医科大学医学部を志望する人は来年のレベルが高くなるためより高度な対策が必要となります。医学部予備校などが企画する大学別対策を受講するなどして万全の状態で本番に臨むようにしましょう。逆を言えば学費が高い医学部はまだまだ難易度が低い傾向にあるため、経済的に余裕がある人は狙い目です。今後も日本医科大学医学部が学費値下げによって成功すれば、後の私立大学医学部も続くと思うので今後も動向を注視していきたいと思います。

 

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.