★医師国家試験ランキングの合格率と偏差値が反比例している医学部は要注意!★

医学部の見極め方一般的に医師になるためには医学部を卒業しないと医師国家試験の受験資格がもらえません。したがって、医師になりたい人は医学部へ進学する必要があります。ただし、医学部は大学入試のなかで最も難易度が高い学部となっており、合格に必要な偏差値は最低でも60は必要になってきます。晴れて医学部に合格できても6年間のハードな学生生活を送り、医師国家試験に合格しなくては医師という職業に充実できない厳しさです。よく医学部合格が先決と言われています。確かに医学部に合格できなければスタート地点にも立てません。それでも何も考えずに医学部を選んで進学した場合、途中で医師の道を諦めなければならない可能性だってあるのです。特に私立大学医学部は要注意です。私立は学費が非常に高く1年留年しただけでも高額な費用が1年余計に発生してしまいます。経済的な理由で留年を機に医学部を退学する人は少なくありません。なので、事前に医学部の進級率は確認しておいたほう良いです。しかし、医学部の進級率を公表している大学はほとんどありません。学内生や卒業生からの口コミ、予備校からの情報に頼るしかありません。そして後もう1つ、医師国家試験の合格率を確認する方法があります。医師国家試験の合格率は毎年大学別に公開されます。公共にアピールできる格好の場であるため、医学部では力を入れている大学も少なくありません。特に合格率を大きく落ちてしまうとイメージが悪くなってしまいます。そこで、医学部のなかでも偏差値があまり高くない大学では、進級判定を厳しくして医師国家試験に合格できる能力に見たいない学生は落とす傾向にあります。全ての医学部に言えることではありませんが、偏差値があまり高くないのに医師国家試験の合格率が非常に高い場合は注意して確認すると良いでしょう。逆に進級が厳しくないのに医師国家試験の合格率が高いのは教育体制がしっかりしているという裏返しでもあります。医学部に合格することはもちろん重要ですが、6年間留年せずに卒業できる医学部かどうかを確認することも同じくらい重要だということを理解しておきましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.