★医学部の学費ランキングは要チェック★

学費医学部のランキングとしては、偏差値で確認することが一般的ですが、他にも様々なランキングで各大学を評価することができます。確かに偏差値によってランキングを確認することで自分の学力に見合った医学部を見つけることが可能となります。ただし、私立の場合は学力がクリアできても学費で入学が困難なケースが少なくありません。地元から通えなければ、生活費が発生し、医学生の場合は書籍代も高額になることで有名です。アルバイトも可能ですが、実習が始まればなかなか働くことも困難です。それに加えて医学部の進級率は他学部に比べて厳しいのでバイトばかりしていては留年してしまうリスクもあります。したがって、私立大学医学部で偏差値と同じくらい注目を集めています。一番高い川崎医科大学であれば6年間総額4000万円を超えてしまうため、経済的理由から私立を諦めてしまう受験生も少なくありません。ただし、私立医学部は併願受験によって複数校に受験できるため、合格の確率を上げることができます。もし、国公立医学部に絞ってしまえば前期と後期の2回しかチャンスが無くなってしまうので、医学部を目指すのであれば私立も受験しておきたいところです。そこで、おすすめなのが学費負担を抑えて私立を目指すことです。学費ランキングを見てみるとランキング第1位の国際医療福祉大学は6年総額が1850万円と最安です。成績優秀者には奨学金も用意されているので実質公立大学医学部に進学するのと同程度で済ませることができます。ランキング第6位の自治医科大学は、卒業後に指定された医療機関で医師として働けば学費に相当する奨学金の返済が免除となります。実は、医師不足を解消するために卒業後の医師確保を目指して自治医科大学のように学費支援を行っている自治体は多くあります。多くは地域枠として募集しており、学費負担を抑えられるので経済的に厳しく私立を諦めている受験生には朗報です。地域枠は学費負担が軽くなりますが、卒業後の進路が制限されると敬遠する受験生も多く、一般枠より倍率が低いケースも少なくないので目指す価値はあります。ちなみに私立御三家として有名な慶應、東京慈恵、日医は全てランキング10以内に入っており奨学制度も充実しています。いっぽう、ランキング第2位の順天堂大学は学費を大幅に値下げたことで優秀な生徒の確保に成功し、今では御三家に匹敵する難易度を誇っています。順天堂の例は別の大学でも言えますが、学費の安い医学部は倍率が高く難易度は上がりがちです。したがって、それなりの高い偏差値が要求されてきます。それでも、国公立や他の私立と併願することで合格のチャンスは増やせるので積極的に挑戦することをおすすめします。

  •  医学部学費ランキングTOP10

1

国際医療福祉大学

1850万円

2

順天堂大学

2080万円

3

慶応義塾大学

2176万円

4

昭和大学

2200万円

5

東京慈恵会医科大学

2250万円

6

自治医科大学

2260万円

7

東邦大学

2580万円

8

関西医科大学

2770万円

8

日本医科大学

2770万円

10

東京医科大学

2940万円

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.